使用して2~3か月ほどで心なしか肌が明るくなりました

30代の辺りまでは特にシミやそばかすを気にしたことはありませんでした。
それまで子供と共に公園へ出掛けたり、幼稚園への送迎など養育に追われてすっかり美白は練り上げる余裕がなかったのですが、40フィーセンターになってそれとなく自分の表情を鏡で見
た機会、それまでの無防備さのはめ込みが回ってきたのか、頬骨の高い所にそばかすがたくさんできていることに気づきました。
子育ては子供のそばや婦人友たちの一門から逸れたくない一心で、公園やおそばとの旅行に人達連れていったりして、全然シミガードや美白に対して考えたことはありませんでした。
四六時中時間に追われていたこともあり、シャンプー後に普通の化粧水やクリームをつけて、シミガードと言えば唯一紫外線削除効果のあるBBクリームを塗っていた事ぐらいでした。
今回思えば、帽子をかぶったり、クリームなどを選んだりなど惜しくも丁寧に美白やシミガードにおいて考えていればよかったといった後悔してある。
45年代くらいの辺りから、大きくなってしまったシミや頬に増えてしまったそばかすをこれ以上増やさないために、紫外線が激しい時はサンバイザーを置き、太陽よけのために手袋を垂らしたり、紫外線効果の高いファンデーションを使ったりするようになりました。
再度シャンプー後にはホワイトニング効果のあるクリームを使ったりするようにもなりました。
また、フルーツや野菜的などビタミン的を様々とるようにして、体内からシミソリューションができるようにめしの内容にも気を付けるようにもしてある。
強敵広いシミが二つできてしまったところには、スポット的にソリューションを取ろうと、小林製薬の「ケシミン クリーム」を塗りました。
だがこれは最初か月ほど使ったのですが最も効果は感じられなかったので、敢行をやめてしまいました。
その後はカネボウの「フレッシェル ホワイトニング ジェル」をシャンプー後に使うようになりましたが、これはとてもユーザビリティがさっぱりしていて肌への普及も素晴らしく、べたつかないのでずーっと愛用してある。
こういうフレッシェルのジェルは、使用して2~3か月ほどで心なしか肌が明るくなったような感じがして、化粧の乗りが良くなるので全然愛する。

キミエホワイトプラス

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ